薄毛になる原因を徹底解説【男性型脱毛症(AGA)】

薄毛になる原因はさまざまですが、特に多いのが①生活習慣・食生活の乱れと②男性型脱毛症(AGA)の二つ。

今回はこの二つに絞って、薄毛化が起こる原因を解説します。

①生活習慣や食生活の乱れによる薄毛化

髪の毛は細胞分裂によって成長します。

この細胞分裂には多くのエネルギーを必要とします。

しかし、生活習慣や食生活の乱れが続くと、細胞分裂の調子がくるってしまい、弱った髪の毛が増えてしまうことがあります。

特に栄養バランスの偏った食事や睡眠不足などは髪の毛の成長によくない影響を与える可能性があります。

もちろん、乱れた生活習慣や食生活を改善することができれば次第に髪の毛も力強さを取り戻していきますが、仕事や学業が原因の場合はなかなか簡単には改善できないかもしれません。

そんなときは育毛剤の助けを借りてやるのも一つの手です。

もちろん、育毛剤に頼り切るのではなく、可能な限り日常生活や食生活を改善することは不可欠です。

②男性型脱毛症(AGA)

男性型脱毛症は、生活環境なども影響しますが、最も影響が大きいのは遺伝的要因です。

男性型脱毛症を発症すると、前頭部または頭頂部、あるいはその両方の髪の毛が次第に薄くなっていき、最終的に禿げ上がった状態になってしまいます。

男性型脱毛症の初期状態と、生活習慣や食生活の乱れによる薄毛は区別がつきにくいので注意が必要です。

AGAによって薄毛化が進行し、波平のような状態にまでなってしまうと、育毛剤では完全に改善することが難しくなってしまいます。

そのため、少しでも薄毛になっているなと思ったら、すぐに対策を始めることが重要です。

ある程度進行した男性型脱毛症には、フィンジアはあまり効果が期待できない可能性があるので、AGAクリニックや皮膚科を受診した方が良いでしょう。

フィンジア